Various

カレーの具材で冷凍におすすめなのは?野菜冷凍で時短テクも!

更新日:

「好きな食べ物ランキング」に必ず名前が挙がるカレーライス。こんなに老若男女に愛されている食べ物は他にはないのでは、と思うほどです。

夕飯の食卓に上がることが多いメニューだと思いますが、たっぷり食べたいので多めに作って、余ってしまうことも多いですよね。

そんな時、冷凍しておけばいつでも食べられる!と思いきや、カレーって冷凍できるの?カレーに入っている野菜は冷凍しても大丈夫?と疑問に思う人も多いかと思います。

この記事では、カレーを冷凍する場合、どのような野菜が向いているか、そして解凍したカレーを食べる時のアレンジ方などを提案します。

また、野菜を冷凍することで、カレーの調理時間を短くするテクニックもご紹介します。

関連記事:カレーに卵を添えて食べる時のいろいろな調理法を紹介します!

カレーの付け合わせに卵を食べる時の人気の調理法は?生卵、温玉以外も!

 

 

カレーライスの定番野菜ー玉ねぎ・にんじん・ジャガイモは冷凍できる?

カレーにはいろんな野菜が合いますが、何といっても定番なのは、玉ねぎ・にんじん・ジャガイモだと思います。

では、このような定番野菜を入れたカレーは冷凍できるのでしょうか?

実際に冷凍してみました。すると、にんじんとジャガイモは食感が変わってしまうので、あまり美味しくなくなることが分かりました。

野菜の繊維が破壊され、なんだかジャリジャリした食感になってしまうのです。

ネットで調べてみても、「にんじんとジャガイモは冷凍しないほうがよい」という意見が大勢を占めていました。

ただ、冷凍できないというわけではありません。食感が変わっているのはわかるけどあまり気にならない、という人もいるのではないかと思います。

私は個人的に、にんじんは許容範囲だけど、ジャガイモはあまり入っていてほしくないと感じました。

 

また、このように大きめ野菜がゴロゴロ入ったカレーだと、余計に野菜の食感の悪さが気になります。

一方、野菜を親指の先ほどの大きさに切ると、大きく切った時よりは食感の悪さが気にならなくなります。

なので、疑問に思う人は、にんじんとジャガイモをを小さめに切って調理し、一度少量冷凍してみて、味見をしてみるといいのではないでしょうか。気にならないのならそれでよし、気になるのなら、下で紹介する方法をおすすめします。

 




 

解凍したカレーをアレンジする

冷凍したカレーを解凍した時、どうしてもにんじんとジャガイモの食感が気になる人は、

①冷凍する時ににんじんとジャガイモを取り除くか、
②玉ねぎと肉だけのカレーを作りましょう

そして、解凍した後に次のような方法でアレンジするとおいしくいただけます。

別茹でしたにんじんとジャガイモを加える

冷凍したカレーを食べる日に、にんじんとジャガイモを茹でて温めたカレーに加えます。

ただ、そうするとあまり野菜に味が染み込んでいないんですよね〜。

なので、食べる時間より早めに用意しておき、一度温めてから冷ましておくといいです。味は冷める時に染み込むので、そのほうが野菜に味が馴染みます。

 

他の冷凍できる野菜を加える

冷凍しておいたカレーを食べる時は、時間がないのでなるべく早く食べたい!にんじんもジャガイモも茹でている暇はない!という時は、別の野菜を入れてみましょう。カレーににんじんとジャガイモ以外の野菜を入れても美味しいですよね。

時間がある時にさっと下ゆでして冷凍しておける野菜の代表格がほうれん草です。こちらもさっと解凍して、ほうれん草カレーにするといいですね。

もちろん、時間があれば冷凍していないほうれん草を下ゆでをしてから加えてもOKです。

 




 

キノコを加える

キノコは旨味が出て、どんな料理に加えても美味しいですよね。もちろんカレーにも合います!

キノコは石づきをとってほぐせばすぐに加えられ、火がすぐに通るので、さっと食べたい時にも便利ですよね。

しいたけ、えのき、しめじ、エリンギ、まいたけなど、お好みのキノコを加え、火が通るまで温めてください。

 

揚げ物をのせる

揚げ物をのせたカレーはボリューム満点で、特に男性に人気ですね。

カレーは懐が広いので、なんでも合います。カレー専門店のCoCo壱番屋のメニューを思い出してみるといいでしょう。

コロッケ、エビフライ、とんかつ、野菜のフライなど、自分で作ってもいいですし、スーパーのお惣菜を買ってきてのせると簡単ですね。

 

このように工夫することで、冷凍したカレーをまた違った味で食べることができます。

 




 

冷凍野菜で時短テク

さて、作ったカレーを冷凍することとは違うのですが、野菜を冷凍することで時短できるテクニックがあるのでご紹介します。

それは、調理前の玉ねぎを冷凍することです。

カレーに玉ねぎは絶対にかかせません。とろりとした玉ねぎは本当に美味しいですよね。

よく「あめ色になるまで炒める」と言われていますが、実際そこまで炒めるのに以外と時間がかかるなあ…と思ったことはありませんか?

そんな時は、玉ねぎをスライスしてから金属バットなどに広げて冷凍するといいのです。そして、凍った玉ねぎをそのまま炒めます。玉ねぎの繊維が壊れているので、短時間であめ色の玉ねぎができるんですよ!

事前の準備が必要になってしまいますが、時間に余裕のある時は、ぜひ試してみてください。

 




 

まとめ

カレーの定番野菜であるにんじんと玉ねぎは、冷凍すると食感が悪くなります。野菜を小さめに切ると、それほど感じません。

ただ、気になるかどうかは個人差があるので、それでも気になるという人には、玉ねぎと肉だけ入ったカレーを冷凍し、解凍したカレーに何かを加えてアレンジする方法をおすすめします。

アレンジ方法は、茹でたにんじんとジャガイモを加える、下ゆでしたほうれん草を加える、キノコ類を加える、コロッケやとんかつなどの揚げ物を加える、などです。

また、調理する前に、スライスした玉ねぎを冷凍しておくことで、玉ねぎを炒める時間を短くすることができます。

ぜひ試してみてくださいね。

関連記事:カレーに卵を添えて食べる時のいろいろな調理法を紹介します!

カレーの付け合わせに卵を食べる時の人気の調理法は?生卵、温玉以外も!




-Various

Copyright© Piyoko's Room , 2019 All Rights Reserved.