Various

安全な制汗剤とは?体に優しい無添加自然素材のおすすめデオドラント

更新日:

暑くなってくると汗の匂いが気になりますね。

特に脇は汗をかきやすく、制汗剤、デオドラントを使っている方がほとんどだと思います。

でも、制汗剤やデオドラントは体に害があるという話を聞いて、使うことをためらっていたり、不安に思いながら使い続けている人もいるかもしれません。

この記事では、制汗剤やデオドラントに含まれる害のある成分は何か、安心して使える無添加・自然素材の安全なデオドラントをご紹介します。

 

 

制汗剤・デオドラントは体に害がある?

脇の下には多くの汗腺(汗が出る穴)があり、汗をかくと細菌がそれを栄養源として繁殖し、いやな臭いの元になってしまいます。

これを防ぐため、ロールオンタイプ、またはスプレータイプの制汗剤、デオドラントを使っている方が多いのではないでしょうか。

最近は「スメハラ(スメルハラスメント)」などという言葉があり、自分が臭くないか心配になってしまいますよね。

 

「制汗剤」と「デオドラント」の違い

さて、まずはじめに「制汗剤」「デオドラント」の違いはご存知ですか?

「制汗剤」は読んで字のごとく、汗を抑えるもの

「デオドラント」は、体臭や汗の臭いを防いだり、取り除いたりするもの

なのです。

 

制汗剤やデオドラントに含まれる成分

制汗剤がどのように汗を抑えるのかというと、汗腺をふさいで汗が出なくなるようにするのです。

これに使われるのが、塩化アルミニウム

でも、そもそも汗をかくということは、体温調整など体にとって重要な役割を果たしているので、無理やり汗を止めてしまうのはよくないですよね。

 

また、デオドラント製品には、細菌を殺すために銀イオンが含まれていることが多いのです。

効果は抜群なのですが、強い毒性があると言われています。

 

塩化アルミニウムも銀イオンも、脇に塗ることで汗腺や皮膚から体の中に入り込み、様々な病気を引き起こすとする研究結果が報告されています。

また、危険なだけでなく、さらにいやな匂いを強くする可能性があると主張する学者も。

 

それに、塩化アルミニウムも銀イオンだけでなく、他にも害があると言われている化学物質が複数含まれている製品もあります。

 

臭くならないように気を遣っていただけなのに、さらに臭くなる⁈

しかも、それが原因で病気になるなんてとんでもないですよね。

でも、現実問題として、「体に悪いから制汗剤はやめた!」と臭いままにしておくこともできず…。

でも大丈夫。自然素材で害のある成分が含まれていない商品もあります!

 

 

安全なおすすめ制汗剤・デオドラント

天然アルム石(ミョウバン)のデオドラントがおすすめ

自然素材のおすすめデオドラントは、天然アルム石(ミョウバン)で出来ているものです。

ミョウバンといえば、根菜・芋類などのアク抜きに使ったりしますよね。

食用にも使われているものなので、化学物質が入ったものよりはずっと安心!

でも、そもそもミョウバンとは一体なんなのか知らずに使っていた方もいるかもしれません。

天然アルム石(ミョウバン)というのは天然鉱物の一種。

収斂作用(毛穴を引き締める)や殺菌作用があり、なんと古代ローマ時代から消臭剤として使われていたそうです。

見た目はクリスタルのような無色透明の石。

そんな天然アルム石を使ったデオドラントをご紹介します。

 

天然アルム石成分100%。

60gで手頃な値段なので、とりあえず試してみたい方にいいと思います。

 

こちらももちろん天然アルム石成分100%。

男性用とのことですが、天然アルム石のデオドラントは無香料なので、モノは男性女性関係ないです。ただ、男性に塗りやすい形になっているようですね。

 

created by Rinker
デオクリスタル
¥2,430 (2019/05/25 18:19:03時点 Amazon調べ-詳細)

スイス産の天然アルム石です。

携帯に便利なスティックタイプ&ミニディスクのセット。

ちょっと高いかな、と思うかもしれませんが、115g+15gなので、かなりもちます。

私もこれと同じくらいのサイズのものを使っていますが、使い始めて数年経つのに、本当に減ってる?と疑問に思うほど。

もしかしたら10年ぐらいもつかもしれません。

 

使い方

使い方は、表面を少し水に濡らして脇の下に塗るだけ。

濡らすことで少しずつ溶けて、肌に成分が付着し、毛穴を引き締めたり、臭いの元になる細菌の繁殖を抑えてくれます。

または、シャワー直後に使うのもおすすめ。

シャワー後は体が濡れているので、ストーンを濡らさずに直接塗れます。

夜の入浴後に濡れば、次の日の夜まで臭わない!という声も。

 

 

天然アルム石の長所

私も天然アルム石のデオドラントを何年も愛用していますが、本当に無臭。

もちろん嫌な臭いもしないし、変な香料が入っていないのも気に入っています。

また、無色なので、色もつきません。

それから、濡らすと少しずつ溶けるはずなのですが、使っても使ってもなかなか減らないので、かなり長く使えるというコスパの良さも魅力です!

ということで、天然アルム石(ミョウバン)素材のデオドラント製品の長所をまとめると、

●自然素材で害のある成分が入っていない

●無色なので衣服に色がつく心配がない

●コスパがいい

というところですね。

 

効果はある?

石のような肌触りなので、水で濡らして塗っても「本当にちゃんと塗れているの?」と使った気がしない人も多いようです。

でも、ちゃんと濡らして5〜6回往復すれば、きちんと塗ることはできているのでご安心を。

効果については、「ものすごく効く!」という声がたくさんあり、アマゾンなどのレビューはどの商品も高評価が多い一方、「全く効かない」という声も。

どうやら、ワキガがかなり強い人はあまり効果を感じない傾向があるようです。

私も愛用していると前述しましたが、私は特に臭いが強いタイプではなく、単にエチケットとして使用しているだけです。

でも、ワキガが強いタイプの知人は、初めのうちは効いているような気がしたけれど、しばらくしたら臭いが戻ったとのことでした。

でも、効くかどうかは使ってみないとわからないので、とりあえず1度使ってみることをおすすめします。

冬場でも汗をかいたりするので、結局一年中デオドラントを使っている人が多いでしょう。毎日のように使うものはできるだけ安心できるものがいいですよね!

 

 

まとめ

市販の制汗剤やデオドラント商品には、塩化アルミニウムや銀イオンなどの成分が含まれているものがありますが、それらの成分は人体に害があり、病気の原因になりうると言われています。

安全なものを使いたい方は、天然アルム石(ミョウバン)のデオドラントをおすすめします。

無色、無香料でコスパも抜群。

効果のほどは個人差があるようですが、中程度までのワキガにはよく効くという声が多いようです。

体に安全なものを使いたいと思っている方は、ぜひ試してみてくださいね!

-Various

Copyright© Piyoko's Room , 2019 All Rights Reserved.