英語・海外ドラマ

13の理由シーズン4はいつ?シーズン3のネタバレ感想と新キャストも

更新日:

衝撃作として話題になったNetflixオリジナルドラマの「13の理由」

2019年8月23日からシーズン3が配信されています。

また衝撃的で重い内容なのですが、続きが気になってやめられない面白さはさすがです。

観た人は、シーズン4はあるの?あるとしたらいつ?ということが気になりますよね。

また、シーズン3で新しく登場したキャスト降板してしまったキャストネタバレ視聴者の感想もご紹介します。

※前半はネタバレなし、後半でネタバレします。

 

 

「13の理由」シーズン3の新展開

※予告以上のネタバレはなし

シーズン2の終わりに開催された春のダンスパーティー(スプリングフリング)から8ヶ月。

クレイたちの通うリバティ高校では、ホームカミングに、ヒルクレスト高校とのアメフト試合が行われます。

実は、ヒルクレスト高校は、ブライスの転校先で、ブライスも試合に出場。

ちょっとしたことがきっかけで、アメフトの試合は激しいケンカに発展します。

その直後にブライスが失踪。

そして、息を引き取った状態でブライスが発見されます。

一体誰が彼の命を奪ったのか?

みんながみんな怪しく、嘘をついているので真実がなかなか分からないまま物語は展開していきます…。

 

シーズン3は現在と過去を行き来するので、時間軸が分かりにくい!と感じる人が多いようです。

シーズン1では、クレイのおでこの傷が、分かりやすい目印となっていましたけどね。

でも、実はシーズン3でも目印があるので、頭に入れておくと分かりやすいです。

シーズン3では、

現在…セピア色っぽい暗い色調で、画面が横長

過去…鮮やかな色調で、比較的縦が長い

になっているので、それを目印に!

 

関連記事:シーズン2までに関する記事はこちらです。

 

「13の理由」シーズン4について

シーズン4はすでに製作決定

一見ハッピーエンドで終わったように見えたシーズン3ですが、不穏な空気が漂ったままで、その先の物語への伏線がチラチラと出てきましたね。

そう、まだ物語は終わりません。

シーズン3の配信開始前に、シーズン4の製作が決定しており、すでに撮影に入っています。

シーズン4では、クレイたちの卒業までの様子が描かれるそう。

そして、シーズン4でこの物語は完結することも決まっています。

 

シーズン4の動画配信開始日はいつ?

シーズン4の製作は決定していますが、いつ配信開始になるかは発表がありません。

シーズン1は配信開始は2017年3月31日。

シーズン2の配信開始は2018年5月18日。これは、シーズン2の製作発表の1年後のことでした。

すでにシーズン4の撮影が始まっているということは、おそらく1年後、つまり2020年の夏頃になると思われます。

 

 

「13の理由」降板キャラ

俳優さんの都合か、物語上の必要性かは分かりませんが、何人か降板した重要な登場人物がいます。

ハンナ

 

この投稿をInstagramで見る

 

KATHERINE LANGFORDさん(@katherinelangford)がシェアした投稿 -

もともとこの物語は、自らの意志で命を絶ったハンナを軸とした物語。

シーズン1では彼女を決意させた理由、シーズン2では裁判で、他の人の視点から事件が描かれました。

ただ、シーズン2の終わりには、主人公のクレイも気持ちの決着がついたようで、ハンナをめぐる物語はそこで一区切りついています。

ハンナを演じたキャサリン・ラングフォードさんも、シーズン2終了後は降板を宣言していました。

 

ライアン

 

この投稿をInstagramで見る

 

13 Reasons Whyさん(@13reasonswhy)がシェアした投稿 -

新聞部長のライアン

詩を書くことでハンナと親しくなった人物です。

シーズン2の最終回でギャップイヤーをとってヨーロッパに行くと言っていたので、多分シーズン3の出来事が起こった頃には、ヨーロッパにいたのでしょう。

 

シェリ

 

この投稿をInstagramで見る

 

13 Reasons Whyさん(@13reasonswhy)がシェアした投稿 -

チアリーダーのシェリ。ある事件で間違った判断をしてしまい、それがハンナを苦しめることになりましたが、基本的にいい子でしたよね。

観ながら、シェリ出てこないなあ…降板したのか、と思っていましたが、一つ大事なことを思い出しました。

クレイといい感じになってたんじゃない⁈

もしかしたらこの先クレイとシェリがうまくいくことがあるのかも…と密かに思っていましたが、そうなったらシーズン3の話が成り立たなくなってしまうんですよね。残念!

 

以上、3人紹介しましたが、他にマーカスもシーズン3には出てきませんでした。

 

 

「13の理由」シーズン3新キャラ

そして、代わりに何人かの新しい登場人物が登場しました。

 

アニ

 

この投稿をInstagramで見る

 

13 Reasons Whyさん(@13reasonswhy)がシェアした投稿 -

新たに狂言回しとして登場したアニは、ケニアで生まれ、4歳でイギリスへ。10年後には、またアメリカへ引っ越したという設定。

ブライスの祖父の世話をしている母親とともに、ブライスのうちに住み込んでいます。

クレイと親しくなり、ブライスの事件を解明しようと探り始めます。

演じているのは、Grace Saifさん。

 

リチャード

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tyler Barnhardtさん(@tyler_barnhardt)がシェアした投稿 -

新入生のアメフト部員として新登場したリチャード

モンティ(モンゴメリー)と仲がよく、いつも一緒にいます。

ジェシカと一緒に映画館でアルバイトもしていましたね。

典型的な「スポーツバカ」とは違い、品位があって優しい心の持ち主だと分かります。

演じているのは、Tyler Barnhardt さん。

 

ウィンストン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Deaken Blumanさん(@deakenbluman)がシェアした投稿 -

ウィンストンはブライスの転校先のヒルクレストの生徒で、モンティ(モンゴメリー)と親しくなります。

それほど重要な役ではないかと思われましたが、シーズン3は、「この人シーズン4ではかなり重要な役になるかも⁈」と予感させる終わり方でしたね。

演じているのは、ディーケン・ブルーマンさん。

 

以上、新登場の人物を3人紹介しました。

イケメン2人が新たに登場したことを喜んでいる人もいるようです(笑)。

 

 

「13の理由」シーズン3ネタバレ

※この先、シーズン3のネタバレがあります。

シーズン1、2はハンナの話でした。

ハンナが自らの手で命を絶ったのは明らかだったので、「なぜそうしたか」という謎が解き明かされていくという展開。

シーズン3では、主に誰がブライスを永遠の眠りにつかせたのか、という犯人探しなので、よりミステリー要素が強くなっています。

ブライスはたくさんの人を傷つけ、恨まれていたので、誰がやったとしてもおかしくない…。

そして、みんなの供述は嘘だらけ。

後から「真実はこうだった」ということが分かり、観ている方は少し混乱しますよね…。

真実は、まずザックがブライスを動けないくらいに打ちのめし、最終的に水に突き落としてとどめを刺したのは、アレックスでした。

ザックは、ブライスの元カノのクロエと付き合っていたのです。

ブライスは、クロエの妊娠と中絶を全く知らず、その上ザックと付き合っていることを知り、嫉妬に燃えて、アメフトの試合中にザックに体当たりし、膝を故障させました。

それによってスポーツ推薦の道が絶たれたと思ったザックは怒り、ブライスを叩きのめします。

 

その後、ジェシカと一緒に現場に来たアレックスは、情けをかけてブライスを助けようとしましたが、起き上がる時にあまりの痛みに耐えきれず「ザックの野郎、息の根を止めてやる!」と叫んだブライスにカッとして、水に突き落としたのです。

ブライスは、アレックスが愛しているジェシカを傷つけた張本人ですし、そのような恨みもあったのでしょう。

 

物語はアニのナレーションで進みますが、映像(真実)とは矛盾することをベラベラしゃべりますね。「クレイとはそんなに親しくなかった」とか。

最終話の最後の方では、アニがスタンドール保安官(アレックスの父親)に長々と供述をします。

そして、ついに真犯人がわかるところでは、「モンティ(モンゴメリー)が、ブライスの後をつけて、やってきた」と言いますが、実際に現れるのはアレックス。

アニの「みんな嘘をついているのよ」というセリフが何度も出てきますが、アニも最後に大嘘をついたのです。

というのは、みんなで結託し、罪をモンティになすりつけてアレックスを救おうとしたから。

そしてなんと、タイラーの件で逮捕されたモンティは、そのまま刑務所の中で息を引き取ってしまいます。

警察はモンティが犯人だと断定し、それでこの事件は解決、ということに。

 

 

シーズン4への伏線

でも、うまいことモンティが罪をかぶってくれてよかったよかった、では終われないでしょう。

事件が解決して笑い合う彼らの後ろで、すでに不穏な空気が漂っています。

いくつか気になる点がありましたね。

●ウィンストンがモンティの無実を主張しそう

●タイラーが捨てた銃が水から引き上げられ、春のダンスパーティーでのことが明るみに出そう

●ジャスティンがセスに取引を持ちかけた

●アレックスのお父さんが最後に燃やしていたものは何?→きっとお父さんは息子が罪を犯したことに気づいている

など、まだまだ波乱がありそうです。

 

個人的には、アレックスが心配です!

シーズン3ではアレックスの出番が比較的少なく、感情が深掘りされていなかったのでよく分からないけれど、静かに絶望を感じているような気がします。

最愛のジェシカは離れていったし、体も元のようには戻っていないし、何もいいことがない…。罪も犯してしまったし。

そういえば、シーズン2では、もしかしてアレックスが同性愛に目覚める?と思わせる所がありましたが、今回そういう展開ではありませんでしたね。

もしかして、シーズン4ではアレックスの回復に焦点が置かれるかな?と思います。

 

 

「13の理由」シーズン4の感想

アニの登場

今回は、今までとかなり違いましたよね。

まず、ハンナが出てこないので、その代わりにアニという新しい少女が登場。

これに、「いや、お前誰やねん」と思った人がかなり多くいた模様です(笑)。

転校して今までのことをよく知らないのに、いろいろ嗅ぎ回っていますからね。

また、アニの立場を考えると、「これ、『家政婦は見た!』になってるじゃん」と思った人も(笑)。

犯人がわからないので続きが気になって観てしまう面白さがある、という点では今までと同じですが、「13の理由」特有の「切なさ」があまりなかったかな、と思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

13 Reasons Whyさん(@13reasonswhy)がシェアした投稿 -

こういうハンナとの思い出があまりにも美しくて、まぶしくて、胸をえぐられるように苦しくなる切なさが今まではありましたよね…。

これが「13の理由」の大きな魅力だったと今回気づきました。

それに、ハンナが超絶美人なので、画面にいるだけで華がありましたよね。それを埋めるのは、誰にとってもちょっと難しい気がします。

 

クレイ

あと、クレイは相変わらず優しくて強くて本当にいい子。

特に仲がよかったわけでもないタイラーをあんなに必死になって救おうとしたのは、「もう誰もハンナのようにはさせない」という強い意志があるからでしょう。

なのに、あまりにもモテなくて気の毒になりました(笑)。

好きな女の子がよりによってブライスといい仲になる、という展開で、「もしかしてクレイがやった?」と視聴者に思わせたかったのでしょう。

でももしそれで本当にクレイが犯人だったら、すべての物語が崩壊してしまいますよね。

クレイは絶対にそんな子じゃないから!

ポーター先生に他の子が呼び出されて、クレイのことを聞かれた時、みんなが口をそろえて「クレイはいい子です」「クレイは絶対にそんなことしません」と言うのを聞いて、ちょっとウルッとしました。モテないけど、友達からの信頼は厚い。

それにしても、クレイの女の子の趣味はいつもちょっと微妙(笑)。

やっぱり、ハンナが生きてたらよかったのに、と悲しくなります。

2人が幸せそうにしているパラレルワールドを見てみたい…。

ああ、クレイにいい女の子が現れますように!と親戚のおばちゃんみたいに心配してしまいます(笑)。

 

ジャスティン

暗くて深い闇を抱えているジャスティン。

でも、シーズン3では、クレイと兄弟らしくなって、精神的には落ち着いたようで、なんだか胸がジーンとしました。

「愛しているよ。君のためならなんでもする」なんてこそばゆいセリフ、今までの2人の関係からは考えられなかったじゃないですか!

それに、ジェシカと本当にお似合い。すごくいいカップルです。

本物の愛を手に入れて、幸せそうでこっちまで嬉しい。

それなのに、やっぱり薬物中毒は本人の意志ではどうにもならない厄介なものなのでしょう。

それでも、家族の前でそのことを認め、助けを求めることができるということは、ジャスティンが安全な居場所を得たということなので、本当によかったです。

それと、ジャスティンは視聴者の間で人気があるようですね。

確かに、あの捨てられた子犬のような目で見られたら、なんでもしてあげたくなる(笑)。

 

タイラー

シーズン2の終わりで一番心配だったのはタイラーで、シーズン3ではタイラーの回復にかなり重点が置かれていましたね。

シフトを組んで、目を離さないようにする友達。

そんな人たちの優しさに囲まれているうちに、次第に勇気を持ち、事件のことをクレイに打ち明けるシーンは感動的でした。

それと、自ら命を絶とうと決意して水際に行き、ブライスが水に浮いているのを見つけたタイラー。

「それを見て、『ブライスは、この先、もう何者にもなれないんだ』って気づいた」というセリフにハッとしました。

 

正しい行動

シーズン1、シーズン2ではかなり過激な描写のシーンがあり、大きな論争になりました。

特にシーズン1のハンナは自ら命を絶つ場面は衝撃的で、その後アメリカで同じことをする若者が増えたと批判され、Netflixは2019年7月にそのシーンをカットすることに。

確かに、現在同じような状況にいる人にとっては、このドラマは危険かもしれません。

でも、シーズン3ではそれほど過激な描写はなく、むしろ助けが必要な人がそばにいたらどうすべきか、という正しい行動がたくさん描かれていると感じました。

具体的に言うと、

●「大丈夫?」と声をかけあう

●トラウマを抱えている人に、無理に話させず、「話す準備ができてからでいいんだよ」と言う

●モンティが「俺は同性愛者じゃない」と言った時、ウィンストンが「君はなんでも自分のありたいようにあればいい」と言った

他にも、リチャードやザックがタイラーに優しい言葉をかけていたりしましたよね。

そうやってきちんと口に出して言うだけで、こんなに大きな違いを生むのだと感じました。

実際に自分の身の回りでそのような人がいたら、こう言えばいいんだ、というヒントになると思います。

 

犯罪者の更生と社会復帰

また、今回はかなりブライスの心境にも焦点を当てていましたよね。

今まではただの悪者でしたが、このシーズンでは今までの罪を悔い、いい人になろうと努力をします。

でも、世間は自分を色眼鏡で見て、状況が良くなるとは全く思えない。

そのように更生しようとする犯罪者の苦悩もかなり丁寧に描かれていました。

 

さらに、ブライスよりずっと粗暴なモンティの境遇にも少し触れられています。

モンティはすさんだ家庭環境で育っていますが、最後にウィンストンと出会い、もしかしたらまともになるチャンスがあるのかも?と思ったところであのような結末に。

ウィンストンくんみたいないい子(まだよくわからないけど、出てきたシーンからは優しさが感じられますよね)が、なんでモンティなんかに引っかかったんだ…と不思議ですが、もっと早く出会っていたら、いろいろ違ったかもしれないのに、と切ないです。

ドラマの製作者たちは、ブライスやモンティのようなキャラクターについて、こう語っています。

「生まれついてのモンスターなどいない。もし誰かが悪いことをしたら、『なぜそんな悪いことをするのか』ではなく、『君に何があったの?』と問うてほしい」

何かがあったので心が病んでしまった、つまり環境がモンスターを作るということ。

このシーズンでは、ただ悪者を悪者として描くのではなく、どうやったら救われるのかという難しい問いを投げかけています。

 

 

「13の理由」シーズン3 視聴者の感想

まだ配信されたばかりなのに、すでに完走してしまった人も多くいるようです。

ツイッターから、みんなの感想を拾ってみました。

 

 

 

 

 

まとめ

「13の理由」最終シーズンとなるシーズン4は、おそらく2020年の夏頃になると思われます。

シーズン1、2とはかなり違った感じになっているので賛否両論ありますが、みはじめたら止まらなくて一気見する人が続出。

最終シーズンも楽しみです。

関連記事:「13の理由」シーズン2までに関する記事はこちらです。

-英語・海外ドラマ

Copyright© Piyoko's Room , 2019 All Rights Reserved.