英語・海外ドラマ

「退屈」は英語でbored?boring?違いと語彙が3倍になる魔法の基本ルール

更新日:

"bored" と "boring" の意味は両方とも「退屈」ー。そんな風に覚えておくと、とんでもない誤解を招く文を言ってしまうかもしれません。

この機会にこの2つの言葉の違いをはっきり覚えておきましょう。

そして、これさえ覚えておけば語彙が3倍になるすごいルールもお教えします!他の言葉も覚えて、一気に語彙力をアップさせちゃいましょう!

 

「私は退屈な人間です⁈」

昔、インターナショナルスクールに通っていた中学生の女の子が言いました。

私今まで、『あーあ、退屈!』っていうのを "I'm boring." って言ってたの。そしたら、この前英語の先生に、 "I'm bored." って言いなさいって注意された。

なんで "I'm boring." じゃいけないの?"boring"『退屈』っていう意味だよねえ?

意外にこう思っている人は多いものです。確かに両方とも「退屈」と覚えてしまうと、どっちを使っても同じような気がしますよね。

でも、ものすごく大きな違いがあります!

I'm bored.   私は退屈しています

I'm boring.  私は退屈な人間です

ん、どういうこと⁈もう少し詳しく説明していきましょう。

 

語幹が同じ形容詞

bored, boringのように、語幹(言葉の初めの共通した部分)が同じで、語尾が-ed-ingとなる形容詞が両方ある、と言うパターンの単語はたくさんあります。

例えば、interestedinterestingexcitedexcitingなどです。

このような形容詞には、次のようなルールがあるのです。

-ed で終わる形容詞は、「感情」を表し、多くの場合、人が主語になる。

-ing で終わる形容詞は、「性質」を表し、多くの場合、物・事が主語になる。

 

つまり、初めの例文で言うと、

I'm bored. 私は、「退屈だ」という感情を持っている。

→私は退屈している。

(主語は「私」という

という事なので、boredを使うのが正しいのです。

一方、

That movie was boring.  あの映画は、私を退屈がらせるような性質のものだった。

→あの映画は退屈だった。

(主語が「あの映画」という

ということなので、この場合はboringを使うのです。

「性質」というのが難しければ、「他の人を "bored" という気持ちにするもの」と考えましょう。

 

一つ注意しなければいけないのは、主語が「人」か「物・事」かだけで判断してはいけません。

He is boring.  彼は、人を退屈させるような性質を持った人である。

→彼は、退屈な人間だよ。

(この場合、主語は「彼」という

というように、人が主語でも、その人の感情ではなく、「他人を退屈な気持ちにさせる」という性質を言う時は、-ingで終わる単語を使う場合もあるからです。

なので、「主語は何か」で判断せず、「『感情』を言っているのか、『性質』を言っているのか」で判断しましょう。

 

つまり、ポイントは、こういうことです!

「退屈だ」という感情を持っている → bored

人を退屈だと思わせる性質のものである → boring

 

 

語幹は「〜を…させる」という他動詞

さらに、もう一つとっても使えるルールを教えちゃいます!

それは、

語幹(単語の初めの共通した部分)は、「〜を…させる」という他動詞である

(「他動詞」とは、「〜を」に当たる目的語を必要とする動詞のことです。)

実は、-ed で終わる形容詞も、-ing で終わる形容詞も元はと言えばこの他動詞からできたものですが、あまり詳しく説明すると頭が混乱すると思うので、詳しい説明はせずにおきましょう。

このルールに当てはめると、

bore = 〜を退屈がらせる

という他動詞なのです。例えば、このように使います。

His story bored me to tears.  彼の話は涙が出るほど私を退屈がらせた

→彼の話は、涙が出るほど退屈だった。

※この場合は、動詞が過去形なのでdがついて "bored" になっています。感情を表す形容詞と同じ形ですが、違うものです。

 

3つのルールをまとめて覚えてしまおう

大事なことなので、ここでルールをまとめますね。

-ed で終わる 「感情」を表す形容詞 bored 退屈した
-ing で終わる 「性質」を表す形容詞 boring 退屈な
語幹 「〜を…させる」という意味の他動詞 bore 〜を退屈させる

例文:(違いがよくわかるように直訳しています。)

①I'm bored. (私は「退屈」だと言う感情を持っている。)

②That movie was boring. (あの映画は人を退屈させるような性質のものだった。)

③His story bored me to tears. (彼の話は涙が出るほど私を退屈させた。)

 

これさえ覚えておけば、「退屈」以外の様々な単語に応用できるのです!

 

 

同じルールが適応される単語

以下の単語は、このルールが全く同じように適応されます。

語幹(〜を…させる) -ed(感情) -ing(性質)
amaze(〜をびっくり仰天させる) amazed(びっくりした) amazing(びっくりするほど素晴らしい)
amuse(〜を楽しませる) amused(楽しんだ) amusing(人を楽しませる)
annoy(〜をイライラさせる) annoyed(イライラした) annoying(うっとうしい)
confuse(〜を困惑させる) confused(困惑した) confusing(紛らわしい)
depress(〜を落胆させる) depressed(落胆した) depressing(気が滅入るような)
disappoint(〜をがっかりさせる) disappointed(がっかりした) disappointing(期待はずれの)
disgust(〜をムカムカさせる) disgusted(ムカムカした) disgusting(胸が悪くなるような)
disturb(〜の邪魔をする、〜を不安にする) disturbed(悩んでいる) disturbing(人を不安にする)
embarrass(〜に恥ずかしい思いをさせる) embarrassed(恥ずかしい) embarrassing(人を恥ずかしくするような)

例文:embarrassed, embarrasing

Oh my gosh, I'm so embarrassed! (ああ〜、すごく恥ずかしい!)

Stop picking your nose! It's embarrassing. (鼻をほじるのはやめて!恥ずかしいよ。)

 

もう少し紹介しますね。

語幹(〜を…させる) -ed(感情) -ing(性質)
excite(〜を興奮させる) excited(興奮した) exciting(興奮させる)
exhaust(〜を疲れ果てさせる) exhausted(疲れ切った) exhausting(疲れさせる)
interest(〜に興味を起こさせる) interested(興味を持った) interesting(面白い)
satisfy(〜を満足させる) satisfied(満足した) satisfying(満足な)
shock(〜に衝撃を与える) shocked(衝撃を受けた) shocking(衝撃的な)
surprise(〜を驚かす) surprised(びっくりした) surprising(驚くべき)
thrill(〜をゾクゾクさせる) thrilled(興奮した) thrilling(ぞっとさせる)
tire(〜を疲れさせる) tired(疲れた)  tiring(疲れさせるような)

例文:excited, exciting

She'll be very excited to see you. (彼女はあなたに会えて興奮するでしょう。)

The tennis match was exciting. (そのテニスの試合はエキサイティングだった。)

 

"thrill" という単語は、日本語の「スリル」の元になった言葉で、恐怖を与えるゾクゾクとした感じの時も使いますが、快感・興奮でゾクゾクする感じの時も使います。

My daughter will be thrilled! (娘はすごく喜ぶと思うわ!)

This novel is really thrilling. (この小説は、本当にスリリングだよ。)

 

いかがですか?結構、よく聞く単語も入っていますよね。

このルールを覚えておけば、語彙が何倍にもなってしまうのです!

 

例外的な変化をするもの

例外的な変化をするものもあります。

語幹(〜を…させる) -ed(感情) -ing(性質)…のはずですが
scare (〜をこわがらせる) scared (こわい) scary (人をこわがらせるような)
impress (〜に感銘を与える) impressed (感銘を受けた)  impressive (印象的な)

scare, scared, scary はとてもよく使います。

例文:

Don't scare me like that! (そんな風にびっくりさせないでよ!)

I'm so scared. (すごくこわいよ〜)

The movie was scary! (その映画、こわかった!)

 

まとめ

とにかくこれが大事!

-ed で終わる 「感情」を表す形容詞 bored 退屈した
-ing で終わる 「性質」を表す形容詞 boring 退屈な
語幹 「〜を…させる」という意味の他動詞 bore 〜を退屈させる

これさえ覚えておけば、他のいろいろな単語に応用できて、語彙が一気に3倍になります!

 

上に挙げた表に載っている単語は、よく使うものばかりです。ぜひ全部覚えてください。

きっと海外ドラマなどを観ている時に、出てきますよ!




-英語・海外ドラマ

Copyright© Piyoko's Room , 2019 All Rights Reserved.