Various

キモチップとは?ツイッター炎上の理由と感謝を伝える効果的な方法

投稿日:

チップ文化のない日本で、チップの代わりに気持ちを表わそうという趣旨で開発された「キモチップ」というメモ帳がツイッターでトレンド1位になり、話題になっています。

「キモチップ」とは一体何?なぜ炎上したの?

そして、賛否両論があるようだけど、結局どうするのがベストなの?

と言う疑問にお答えします。

 

 

「キモチップ」とは

「キモチップ(KIMOTIP)」とは、文具メーカーHI MOJIMOJIから出ている小切手風のメモ帳です。

「有り難うございました」「ご馳走様でした」「美味しゅうございました」、そして自由に言葉がかけるよう空欄になっている4種類です。

チップ文化のある国では、サービスが良かった場合にチップをはずむことで感謝の気持ちを伝えることができますが、日本にはチップ文化はありません。

なので、「日本でも感謝の気持ちを伝えたい」という意図で、開発されたようですね。

2015年から販売されており、文具マニアの間では好評を得ておすすめ商品として紹介されたり、TV番組で素敵なアイテムとして取り上げられたこともありました。

 

 

キモチップ炎上の経緯

しかし、2019年5月19日に、開発者の男性がこのキモチップについて紹介するツイートをしたところ、「気持ち悪い」「ストーカーみたい」「単なるゴミ。回収する手間が増えるだけ」などと炎上。

一連の騒ぎを受けて、開発者の方のツイートも、公式サイトも削除されてしまいました。

 

炎上した理由はいくつかあると思うのですが、主に4つほどあると分析します。

①開発者が、「一目惚れをしたら、さりげなく電話番号を」という文とともに、「Can we start as friends?」というメッセージと電話番号が書かれたキモチップの写真を投稿した

→「気持ち悪い」という反応

②開発者が、外国のホテルで、「チップでは足りない」と思って未使用の割り箸で「THANKS」という文字を書いた写真を投稿したこと

→「不衛生。きっとこの後廃棄処分になっていてもったいない」という反応。

③開発者が、「キモチップを置いた後、店の外から中の様子をのぞくと、お皿を片付ける店員さんが気づいて喜んでいる」とツイート

→「外から見られているなんて気持ち悪い」という反応

④開発者が公式サイトに、キモチップを使って若い女性に感謝されるという筋書きの「夢小説」を載せていた(削除済み)

→「気持ち悪い」という反応

 

①と②に関しては、このツイートの中の2枚目と3枚目の写真が投稿されていたようです。

 

また、「キモチップ」は「気持ち+チップ」をかけあわせた商品名だと思われますが、「キモいチップ」だとも受け取れるため、キャッチーで炎上してしまったのではないでしょうか。

 

 

感謝の気持ちを表すにはどうしたらいい?

「とても素敵なアイテム」という擁護派、「気持ち悪い」「ゴミになる」という反対派。

賛否両論あるので、「じゃあどうするのが一番いいんだろう?」と悩む人もいるかもしれません。

 

個人的な意見を言うと、感謝の気持ちを伝えたいという思いはとても素敵だと思います。

日本人はシャイであまり言わないので、どんどん表現したらいいと思います。

クレームは言うのに、感謝になると口に出さない人もいるのではないでしょうか。

お店の方は、日々お客さんのことを思ってサービスを提供しているので、喜んでもらっている、感謝されている、ということがわかるのはやはり嬉しいものです。

でも、確かに、キモチップはもらったとき嬉しいと思っても、最終的にはゴミになる可能性も高いですよね…。

それで余計な仕事を増やしてしまうのも、本意ではないと思います。

賛否両論のキモチップ。

もし本当に感謝を伝えたかったら、どうすればいい?という疑問に対して、キモチップからは逸れてしまいますが、提案を挙げます。

 

口で伝える

シンプルにその場で直接言うのが一番です。

飲食店なら、「ご馳走様でした。美味しかったです。」と口で言えばバッチリ伝わります。

店員さんのサービスがよかったら、「あなたのサービスが素晴らしく、気持ちよく食事ができました」という趣旨のことを伝えるといいでしょう。

でも、そんなことを口で言うのは恥ずかしい…と思う方もいるかもしれません。

その場合は、もっと効果抜群の方法があります。

 

 

お礼の電話、メールをする

その時は何も言えなくても、後で店に電話したりメールを送ることで感謝の気持ちを伝えられます。

チップ文化のある国では、いいサービスを提供したことが、収入の向上に直接つながるんですよね。

日本人だって、店員さんは仕事でやっているのだから、感謝されているなら、それが給料に反映されると嬉しいはず。

給料を決めるのは店の経営者なので、経営者に伝わる方法で感謝を伝えると、いいサービスを提供した店員さんの評価アップ→収入アップにつながる可能性が!

直接口で言うのは恥ずかしいと思う人も、後日電話する方が話しやすいかもしれません。

人が電話をしてくるのは用事があるかクレームかというのが大半なので、お礼の電話は喜ばれるようですよ。

電話するのも苦手なシャイな方は、メールをするといいですね。

また、情報サイトで高評価をつけるという方法もあります。


実際それで給料を上げてもらった人もいるようなので、良かったこと、感謝は積極的に伝えていきたいですね!

 

ということで、まとめます。

<店に対するお礼>

●お店へ直接お礼の電話やメール
●レストランなら情報サイトで高評価をつける

<店員さん個人>

●(名前を公の場に出さないほうがいいので)お店へ直接お礼の電話やメール

このような行動で感謝の気持ちを表せるだけでなく、相手にも利益があるというメリットがありますね。

 

 

まとめ

「キモチップ」がツイッターで炎上した経緯をご紹介しました。

感謝の気持ちを伝えたいという気持ちはとても素敵だと思います。でも、受け取り方は人それぞれなので、難しいですね。

賛否両論ある中で、ではどうするのがいいの?と迷った方は、直接口で言うか、後日電話やメールで感謝を伝えてみてください。

みんなが「ありがとう」を伝え合える社会になったらいいですね。

-Various

Copyright© Piyoko's Room , 2019 All Rights Reserved.