Various

ユーチューバーライアン君の父親は日本人?母親、推定年収や他チャンネルの紹介も!

更新日:

アメリカのフォーブス誌が発表した「2018年にもっとも稼いだユーチューバーランキング」で1位になったのは、なんと7歳の子供、ライアン君

一体どんな動画を投稿しているのでしょうか?どのように始めて、こんなに人気者になったのでしょうか?

そして、こんなに稼ぐ子供のご両親はどんな人か気になりますよね!

ご紹介します。

 

ユーチューバーライアン君のチャンネル

ライアン君とは?

こちらが、若干7歳にして世界一稼ぐユーチューバーのライアン君です。

 

View this post on Instagram

 

Ryan ToysReviewさん(@ryantoysreview)がシェアした投稿 -

2017年には、アメリカのフォーブズ誌の「2017年にもっとも稼いだユーチューバーランキング」で8位でしたが、2018年には同ランキングで、推定年収22万ドル(約24億円)で堂々1位に!

チャンネルを開設したのは2015年の5月。動画を撮り始めたのは、ライアン君が3歳の時です。

ライアン君自らご両親に、「他の子がやっているように自分もやってみたい」と言い出し、アカウントを設置しました。

それから3年半しか経っていないのに、2018年12月現在のチャンネル登録者は1700万人以上、累計再生回数は現在258億以上。視聴者は、同年代の子供がほとんどです。

こちらが、ライアン君のYouTubeチャンネル、Ryan ToysReview(ライアン・トーイズリビュー)。

Ryan ToysReview

ライアン君の動画で多いのは、アンボクシング(unboxing)と呼ばれる、商品を開封する動画やおもちゃのレビュー。こちらは、ファービーの開封動画です。

表情が豊かで、喜ぶ様子が可愛いですよね。

その他、教育的な内容やアニメなどもあります。

 

 

ライアン君の超人気動画

こちらは、2018年12月現在、再生回数16億回を超える人気動画。16億回ってすごいです。現在世界の人口は約77億と言われているので、単純計算したら、世界の5人に1人はこの動画を見ているという計算ですよ…!

ライアン君は、空気で膨らませるウォータースライドに隠された大きな卵を探して、その中からおもちゃを取り出しています。欧米ではイースターにエッグハントという隠された卵を探す遊びをするので、それをおもちゃ入りの大きな卵でやったのでしょうね。

この動画が一気に拡散し、一躍人気者になりました。

 

ライアン君の他のYouTubeチャンネル

上で紹介したのがライアン君のメインチャンネルですが、他にもいくつかのチャンネルがあります。

Ryan's Family Review

内容的にはメインチャンネルと似ていますが、こちらには家族みんなが出てきます。

VTubers

ゲームチャンネル。

The Studio Space

制作の舞台裏を見せるチャンネル。これをみると、やはり子供のライアン君を支えるチームがあると分かります。

 

フォーブス誌に出ていた推定年収はメインチャンネル単独のものだと思われるので、これらのチャンネルも合わせたらもっと多いのでしょうね。

 

 

ライアン君のグッズ

アメリカの巨大スーパーマーケットチェーンのウォールマートは、2018年の半ばに、"Ryan's World" (ライアンズワールド)というライアン君のおもちゃシリーズを発売しました。

出典:Bonker's Toys

ぬいぐるみやフィギュア、スライム、それから上記の人気動画に出てきているような巨大卵も見えます。

ライアン君はもちろん、自分の動画でこれらのおもちゃを紹介しています。

陳列棚にずらっと並べられたライアンズワールド。人気のほどが伺えますね。

日本でも、こちらのぬいぐるみが入った巨大卵が手に入るようです。

7歳(小学1年生)で自分のグッズがあるなんて、すごいですね〜。

 

 

ユーチューバー・ライアン君の父親と母親

家族構成

さて、こんなライアン君は一体どんな家庭で育っているの?ご両親はどんな人?と気になりますよね。

ライアン君はアメリカに住んでいるアメリカ人ですが、顔を見るとアジア系。

実は、母親はベトナム人父親は日本人です。

お父さん、お母さんの他、下には双子の妹のエマちゃんとケイトちゃんがおり、五人家族です。

双子の妹を主人公としたアニメのチャンネルもあります。

EK Doodles

セリフがないので、小さい子は喜んで観るかもしれませんね。

 

両親とスタッフとのチーム戦

動画を見ると分かりますが、ライアン君のご両親は自分も動画に出演したり、制作、撮影、編集を担当したりと積極的に関わっています。

まあ、始めた当初はライアン君は3歳でしたから、大人の助けなしでは難しいのは当然ですが…。

 

こちらは、ライアンズワールドのレーザータグ銃を使って遊んでいる動画。お父さんもお母さんも出演しています。いつも楽しそうで、仲がいいですね。

それにしても、やはりすごい豪邸です。

他にも、ご両親はたくさんの動画に出演しています。メインチャンネル以外では、ライアン君は出ていないのに、お母さんが出ていたりもします(笑)。本当に動画制作が楽しいのでしょうね。

ご両親の他、制作チームの人たちに支えられて、ライアン君はカメラの前に立っています。

普段は学校があるので撮影は週末にやり、平日にチームが編集してアップロードしているそうです。

 

ライアンくんの母親と父親のプロフィール

ライアン君の母親のロアンさんは、アカウントを設置した当時、高校で化学の先生として働いていましたが、ユーチューブに専念するため、退職しました。

動画に簡単な科学の実験などがありますが、その知識が生かされているのでしょうね。

 

そして、ライアンくんの父親はカジ・シオンさんという福島県出身の日本人です。

母親が中国系アメリカ人と再婚し、15歳の時に英語が話せないまま義父の仕事でアメリカのテキサス州に引っ越しました。

大学院を卒業後、建築技師(構造設計者)として働いていましたが、趣味としてライアンくんが始めたYouTubeチャンネルがあまりにも人気が出てしまったため、仕事をやめてチャンネルのマネジメントに専念。

会社も設立し、アニメチャンネルも始めたり、グッズ製作など多岐にわたる活動をするようになりました。

 

バイリンガールちかさんがカジ・シオンさんにインタビューした動画を見ると、シオンさんの生い立ちやどのようにビジネス展開していったかという過程がよく分かりますよ。

 

ライアンくんと父親の本

ライアンくんと父親のシオンさんの共著「マンガでわかるYouTuber養成講座 世界一のRyan's Worldのノウハウ公開!」という本が出版されました。

一家のサクセスストーリーを漫画で読みやすく紹介すると同時にYouTubeのノウハウも分かる実用的な内容になっています。

 

まとめ

2018年に、世界で一番稼ぐユーチューバーとして1位に輝いたのは、7歳の男の子、ライアン君でした。

おもちゃの開封やレビューなどを中心にしていますが、他にも様々なタイプの動画を投稿しています。

そんな彼を支えるのが、ベトナム人の母親ロアンさんと、日本人の父親カジ・シオンさん。他にも多くの制作チームに支えられてこのチャンネルは成り立っているようですね。

ライアン君がいつまで無邪気におもちゃで遊ぶのか分かりませんが、成長して興味が変われば内容も変わっていくかもしれません。彼の成長を見られるのもこのチャンネルの醍醐味ですね。

-Various

Copyright© Piyoko's Room , 2021 All Rights Reserved.