Various

ドラマ文学処女の原作漫画を無料で読む!キャストと主題歌についても

更新日:

2018年9月9日から、森川葵さんと城田優さん主演のドラマ「文学処女」が放送されます。

漫画が原作のドラマですが、ドラマが始まる前に原作漫画を読みたかったら、無料で読めるのでしょうか?

また、キャストや主題歌についても紹介します。

 

「文学処女」とは?

原作の「文学処女」は、中野まや花さんによる漫画で、LINEマンガにて連載中です。

内容を簡単に言うと、「恋を知らない女と、恋ができない男。歪な関係から生まれる、遅咲き恋の話。」ということです。

ドラマは、2018年9月9日からMBS / TBSドラマイムズにて毎週日曜深夜0時50分から放送されます。

TBSでは2018年9月11日より、毎週火曜深夜1時28分に放送開始です。

 

文学処女のあらすじ

主人公は文芸編集者の月白鹿子(つきしろかのこ)。女子校育ちで本が大好きです。26歳になるまで男の人と付き合ったことも、恋をしたこともありません。いい本を作ろうと仕事に燃えています。

そんな鹿子がある日、人気ミステリー作家の加賀屋朔(かがやさく)の担当になりました。

加賀屋は39歳の長身イケメン。作品そのもの以上にかっこいいルックスが受けてアイドルのような人気です。そして、すごいプレイボーイという噂です。

そんな2人の遅咲きの恋の物語です。

 

 

文学処女を読むには

 LINEマンガ

文学処女はLINE漫画にて連載中で、無料で読めます。

LINEマンガ 文学処女

LINEマンガのアプリにて配信中です。アプリをダウンロードしてお読みください。(日本国内向けのサービスです。)

App Store - LINEマンガ

Google Play - LINEマンガ

 

スキマ

スキマ 文学処女

こちらのサイトでは、2冊目まで無料で読むことができます。ただ、全てすぐに読めるわけではなく、待つことで無料になります。(海外からのアクセスもOKです。)

 

コミック

コミックは現在3巻まで刊行されていて、2018年9月に4巻が発売される予定です。コミックでは珍しくほとんどカラーページなので、鹿子のドキドキがこちらまで伝わってきます。

created by Rinker
¥691 (2019/05/26 09:54:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

文学少女のキャスト

先日、2人のメインキャストが発表されました。

月白鹿子役は森川葵さん、加賀屋朔役は城田優さんです。

上のイラストと比べてみると、ほぼそのままじゃないですか!ビジュアルの完成度が高い! 原作者さんも大満足のキャスティングというのもうなずけます。

 

森川葵(月白鹿子役)

森川葵さんのコメント

インするまでに鹿子のことが知りたくて何度も何度も原作を読み返しました。すると鹿子のことを沢山知ることができただけでなく本当に加賀屋朔という人間に恋をしていきました。
そんなまだ抱いたばかりのピュアな気持ちを込めて毎日鹿子として過ごしている日々が明るくて本当に楽しくいい撮影をしています。
ぜひ放送をお楽しみにしていてください。

出典:MBS 文学処女

 

森川さんは、2010年にファッション雑誌の「Seventeen」の専属モデルオーディションでグランプリに選ばれ、モデル活動を開始しました。

2015年に専属モデルを卒業し、「テディ・ゴー!」でドラマ初主演を務めました。「表参道高校合唱部!」「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」「バカボンのパパよりバカなパパ」など数々のドラマにも出演しています。

その他、映画、CMなどでも活躍し、2018年11月からは、舞台「ロミオとジュリエット」で主演のジュリエットを演じます。

 

公開されたビジュアルを見ると、男の人と恋愛をしたことがないウブな雰囲気がよく出ていて、原作の鹿子ととても似ていますね。

 

 

城田優(加賀屋朔役)

城田優さんのコメント

個人的には、初めての少女漫画原作の恋愛軸を演じさせていただくという事で、非常にワクワクしています。
加賀屋先生はツンデレらしいので、どうすれば皆さんにキュンキュンしてもらえるかを監督・スタッフさんたちと日々模索中です。また、3年前の『表参道高校合唱部!』では自分の教え子の役だった森川葵さんが恋愛相手という事もあり、とても不思議なドキドキを味わっております。経験豊富な加賀屋と、恋愛初心者の鹿子のやりとりや、望月との三角関係も見どころです。加賀屋の過去にもある秘密が…。
スタッフの皆さんが熟考した大人で上品なセクシーシーンもあります。
実は「念願」だった恋愛ドラマ。どんな仕上がりになっているか、是非是非テレビにかじりついてご覧頂きたい作品です。

出典:MBS 文学処女

 

城田さんは、1985年東京生まれ、現在32歳。お母さんがスペイン人で、城田さんも国籍はスペインなんです。2歳から6歳までは、ガウディの建築で有名なバルセロナで過ごしました。

今まで、TVドラマ「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」「交渉人〜THE NEGOTIATOR〜」「表参道高校合唱部」や、数々の映画に出演。歌がうまく、「美少女戦士セーラームーン」「テニスの王子様」などミュージカルでも活躍しています。

オールナイトニッポンでラジオのパーソナリティをしたり、ドラマ監督演出家としても活動したり、2018年10月には初のミュージカルアルバム「a singer」を発売するそうです。

created by Rinker
¥2,748 (2019/05/26 09:54:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

城田さんは、まさに長身イケメンで、ぴったりのキャスティングですね〜!

今まであまり恋愛ドラマをやったことがないというのが意外ですが、それだけにファンには嬉しいキャスティングでしょう。

公開されたビジュアルを見ると、女慣れしていてセクシーな雰囲気も醸し出していて、とても期待できそうです。

 

「表参道高校合唱部」で共演!

城田さんのコメントの中でも触れられていますが、2人は2015年のドラマ「表参道高校合唱部」で共演しています。

☆☆YOKO☆☆さん(@ftjy0820)がシェアした投稿 -

城田さん(写真左端)は合唱部の顧問、森川さん(前列左から2番目)は部員の生徒という役でした。

この時はただの先生と生徒で恋愛的なからみはありませんでしたが、今度はもう少し大人のドラマということで、ドキドキですね…!

 

その他のキャスト

森川さん演じる鹿子に気がある同僚の望月千広などもきになるところですが、他の重要なキャストについては、追って発表となるでしょう。

 

 

文学処女の主題歌

ドラマの発表があると気になるのが主題歌。

「文学処女」の主題歌は、Sonar Pocket(ソナーポケット)さんの「君の名前」に決定しました!

Sonar Pocket 30thシングル「君の名前」MV 30秒Ver

 

2018年9月4日の発売ですが、LINE MUSICにて先行配信されています。

切なく優しいメロディがドラマを盛り上げてくれそうですね。

 

また、オープニングテーマは、Special Favorite Music「ロングハローグッバイ」です。

 

まとめ

ドラマ「文学処女」は、MBS / TBSドラマイムズにて2018年9月9日から、TBSでは9月11日から放送されます。

メインキャストは森川葵さんと城田優さん。

主題歌はソナーポケットさんの「君の名前」です。

恋を知らない女と恋ができない男の遅咲きの恋、楽しみですね!

-Various

Copyright© Piyoko's Room , 2019 All Rights Reserved.