マレーシア

マラッカ観光のおすすめはカップラーメン作り⁈マミージョンカーハウス

更新日:

マラッカといえば、古くから交易の要として栄えた世界遺産の街です。

様々な国の影響を受けたエキゾチックな建物などが有名ですが、この街はインスタントラーメンとも深い関係があるってご存知でしたか?

今日は、ちょっとユニークなマラッカ観光スポットを紹介します。

 

 

Mamee (マミー)

こちらのお菓子は、Mamee Monster (マミー・モンスター)

ちょうど日本の「ベビースターラーメン」のように、ポリポリと食べる麺スナックです。マレーシア人は昔からあるこのスナックを食べて育った人が多く、大人になっても「懐かしい。時々食べたくなる。」という人もいます。

このスナックを作っているのは、Mamee (マミー)という会社。スナック、乳製品、飲み物などを生産していて、マレーシアのみならず、シンガポール、インドネシア、オーストラリアなど100カ国ほどに製品を輸出しています。

実はこの会社は、この世界遺産の街マラッカにあるのです。

 

Mamee Jonker House

マラッカの観光地として有名なジョンカーストリート。週末には歩行者天国になり、お土産、食べ物などを売る店が所狭しと並び、観光客で溢れかえります。ここに、観光客向けのMamee Jonker House (マミー・ジョンカー・ハウス)があるのです。

Mameeという文字を発見!

 

中に入ると、マミーグッズのお土産が売られています。

また、マミーモンスターがインスタント麺を作っているミニチュアも飾られています。

 

 

マミー・ジョンカー・ハウスでできるカップ麺作り体験・Noodle Doodle

お店の人と話したら、ここで2つのワークショップができることが分かりました。私たちは簡単な "Noodle Doodle" (ヌードル・ドゥードゥル)の方をやることに。階段を上って、2階に行きます。

"Doodle" とは、「いたずら書き」のこと。カップ麺の器に、いたずら書きをするようにお絵描きをするからでしょう。"Noodle" ともかけてるんですね。

上にStep1、Step2、と分かりやすく工程が書かれています。

 

Step1. お絵描き

まずは、好きなように麺のカップにお絵描きをします。

 

Step2. フレーバーを選ぶ

チキン、カレー、トムヤムの中から好きなフレーバーを選びます。

 

Step3. 具を選ぶ

コーン、キャベツ、グリーンピース、人参、唐辛子、ネギの中から好きな具を4つ選びます。

 

お姉さんにお願いすると、入れてくれます。

辛いものが好きな次男は、カレー味を選んだのに、具に唐辛子を選んだので、お姉さんに「本当に?いいの?」と驚かれていました(笑)。

 

Step4. 蓋をする

自分で緑のボタンを押すと、蓋がされます。

 

Step5. ビニール袋に入れる

お姉さんがやってくれます。

 

Step6. 機械に入れる

これもお姉さんがやってくれます(笑)。機械に入れると…。

 

出てきた時には、ビニールがぴったり張り付いてます。

 

自分だけのオリジナル麺、完成!!

 

きっと、日本にあるラーメンミュージアムにヒントを得て作られたこのワークショップ(笑)。マレーシアでできるのはここだけ。古都マラッカでやると、なんとも味わい深いです。フレーバーも、もちろん日本のものとは違いますし、それほど時間もかからずに気軽にできるので、ぜひやってみてください。

 

値段、予約

1カップRM5.5(約153円)。ただし、4カップ以上購入しなければなりません。人数が足りなければ、1人2つ作っちゃいましょう!

毎日、どんな時間でもできます。予約は必要ありません。店に行って、店員さんにお願いしましょう。参加者の年齢制限はありません。

 

ついでに写真を撮っちゃおう!

ワークショップ体験者しか2階に上がれませんが、2階にはなかなか可愛い写真スポットがたくさんあります。ついでに写真を撮りましょう。

ひゃ〜、マミーモンスターに食べられるー!

 

マミー社の製品のビッグバージョンがあるので、これも面白いですね。

 

 

 

マミー・ジョンカー・ハウスでできる本格的麺作り体験・Lil Monster Kitchen

もう一つ、Lil Monster Kitchen(リル・モンスター・キッチン)というワークショップがあります。

こちらは、麺をこねて作り、袋にお絵描き→袋詰め、という結構本格的なワークショップ。こちらが教室。

土曜日と日曜日のみ開催。要予約。1人RM22(約611円)。参加者は6歳以上でなければいけません。

 

1階のマミー・ギャラリー

カップ麺作りが終わって1階に下り、店の一角にあったマミー・ギャラリー(RM5、約139円)に入ってみました。ここは広くはなく、マミー社の製品を並べて置いてあるだけのようなところなので、特に入らなくても良かったかな、と思いました(笑)。

 

こんな所もありました。ちょっと可愛いですね。

 

マミーのカフェ

その他、奥にはカフェもあります。

麺だけではなく、様々なマレーシア料理や西洋料理もありましたよ。こちらはハンバーガー。

 

基本情報

店名:Mamee Jonker House

住所:46 & 48, Jalan Hang Jebat, Melaka, 75200

mamee jonker house

 

電話:06-286-7666

営業日・時間:月・水・木 10:00 〜 17:00、金・土・日 10:00 〜 19:00 (火曜日は、祝日と祝日の前日以外は定休日)

ウェブサイトMamee Jonker House

 

まとめ

マラッカはとても素敵な街ですが、名所観光が中心になってしまうので、子供には少し退屈に感じられることも。でも、このようなアクティビティがあったことで、子供達にとってより心に残る旅行になったようです。

この時のカップは、今でもうちで小物入れとして使っています。そして、見るたびにマラッカのことを思い出します。

気軽にできるので、皆さんもぜひやってみてくださいね。

(※日本円価格は、記事執筆時の為替レートに基づいています。)




-マレーシア

Copyright© Piyoko's Room , 2019 All Rights Reserved.