マレーシア

クアラルンプールでニョニャ料理を食べるならSedapnyaがおすすめ!

更新日:

ニョニャ料理といえば、マラッカが有名ですが、クアラルンプールでも美味しいニョニャ料理が食べられるレストランがあります。先日行ってきたところが美味しかったのでご紹介します!

 

 

ニョニャ料里とは?

何百年も昔から、海外からの移民がマレーシアに渡り当地の人々と結婚してきました。中国からも多くの商人がマレーシアに渡り定住しました。彼らが当地のマレー系民族と結婚して生まれた子孫のうち、男性をババ、女性をニョニャと呼びます。

そして、彼らは中国系の食材とマレーシアの香辛料を合わせて料理するようになりました。いわば、マレー料理と中華料理のフュージョン料理。これがニョニャ料理です。見た目は中華料理のようですが、スパイスが効いたエスニックな味わいです。

マレー系と中華系が人口の8割以上を占めるマレーシアならではの料理です。マレーシアに来たらぜひニョニャ料理を味わいたいですよね!私もニョニャ料理は大好きです。

 

ニョニャ料理レストランSedapnya

先日、家族で入ってきたのがこちらのSedapnya(セダッニャ)。The Starling Mall(スターリング・モール)にあります。

"Sedapnya"とは、マレー語で「美味しいね」という意味。なのになぜ漢字では「娘味」なんでしょう(笑)?

 

店内にはカゴが吊るしてあって可愛いです。

 

昭和のような懐かしいアイテムが置いてあって、ノスタルジックな雰囲気です。

 

 

Sedapnyaで食べたもの

Typhoon Shelter Fish

タイフーン・シェルター・フィッシュというのは、香港発祥の料理のようです。台風が来た時に漁船が避難できる港の一角をタイフーン・シェルターというのですが、そこで作られ始めたのが最初だそうです。カニで作るタイフーン・シェルター・クラブが最初の料理らしいのですが、どんなシーフードでも相性がいい味付けなので、現在は魚やエビなどいろいろなバリエーションがあるようです。

にんにく、エシャロット、唐辛子で味付けされます。スパイシーでご飯がすすむ味。RM38(約1059円)。

 

Belacan Lady Finger

ブラチャン・レイディ・フィンガー。代表的なニョニャ料理です。発酵させたエビの「ブラチャン」という調味料を使ったソースをオクラとからめて食べます。これは少し酸味がありました。RM19(約529円)。

 

Nyonya Curry Chicken

ニョニャ・カレー・チキン。マレーシアでよくカレーは食べられていますが、これはニョニャ風のカレーなんですね。辛さは割とマイルドでした。美味しくて、次男が最後の一滴まですくって食べていました。RM25(約696円)。

 

Salty Egg Calamari

Salty eggはアヒルの卵の塩漬けの黄身。Calamariはイカ。揚げたイカにアヒルの卵の塩漬けの黄身ソースをからめたものです。この味付けのものだったら美味しいのは間違いなし!カラリと揚がったイカに濃厚な味がからんで最高です。RM25(約696円)。

以前、アヒルの卵の塩漬けの黄身フレーバーの魚皮チップスについて書いたので、よかったらご覧ください。
マレーシア土産のおすすめ!現地でも人気の新定番の極上スナックとは?

 

Signature Nyonya Fried Egg

しいたけなどと一緒に閉じた炒り卵。ニョニャ料理は辛いものが多いので、少し優しい味わいのものがあると変化があって美味しく食べられました。RM18(約501円)。

 

Sambal Petai Prawn

サンバル・プタイ・プローン。プタイという豆とエビをサンバルという甘辛いソースで炒めたものです。これは絶対に食べてみてほしい料理です!

なぜかというと、このプタイという豆がクセものだからです。実は、プタイは漢字で書くと「臭豆」。その名の通り臭いんです。しかも、少し苦味があります。「臭くて苦い」なんて聞くと美味しくなさそうですよね。それが、なんだか妙に美味しいんです。エビとサンバルとの相性も抜群。まさに病みつきになる味です。

そう思う人は多いようで、マレーシアではとてもポピュラーな料理。結果的に好きでも好きでなくても、ぜひ挑戦していただきたいです。

ただし、食べた後、おならが臭くなると言われているので、注意してください(笑)。RM34(約947円)。

 

 

Sedapnyaのサービスと値段

注文時、料理が出るまでに30分かかると言われましたが、10分ぐらいたったらどんどん運ばれてきました。サービスは早くてストレスなく食事を楽しめました。

上記の料理とご飯を注文して6人で食べ、お会計は、1人約RM30(約836円、飲み物はなし。)デザートも頼みたかったけど、頼みすぎた⁈と思うほどおなかいっぱい食べて限界だったので、断念しました。それなのにこの値段はお得だと思います!

 

基本情報

レストラン名:Sedapnya

住所:6, Jalan ss21/37, Damansara Uptown, Petaling Jaya (The Starling Mall内)

the starling mall

 

電話:03-7762 5934

営業時間:10:00 〜 22:00 (定休日なし)

 

まとめ

マラッカに行った時にニョニャ料理を食べたのですが、家族がここの方が美味しかったと言って上機嫌でレストランを後にしました。

マラッカに行かなくても、クアラルンプールで美味しいニョニャ料理が味わえるのは嬉しいですね!ニョニャ料理が食べたくなったら、ぜひまた行きたいと思います。

(※日本円価格は、記事執筆時の為替レートに基づいています。)

関連記事

同じThe Starling Mall内に激安本屋のBook Xcessがあります。
マレーシアで本屋に行くならどこ?激安本屋BookXcessをおすすめする理由!

また、このモールの近くに国民食ナシレマが絶品の有名レストランがありますので、そちらもぜひ!
マレーシアの国民食ナシレマのおすすめレストランVillage Park




-マレーシア

Copyright© Piyoko's Room , 2019 All Rights Reserved.